IMG_3137
IMG_3138
バンダイの食玩フィギュアシリーズ「アサルトキングダム」より、サイコガンダムです。
プレミアムバンダイ限定のアサキン大型アイテム第二弾はティターンズの開発した大型MS、サイコガンダムです。HGUC、メタコンと大型アイテムとして立体化に比較的恵まれているサイコガンダムですが、アサキンにおいても他の機体のサイズに合わせた大型アイテムとして商品化です。 


IMG_3140
IMG_3143
IMG_3144
IMG_3145
 頭部アップ
細かい部分の塗装やディテールは省略されていますが、造形自体は良く纏まっています。


IMG_3146
IMG_3147
IMG_3148
 胸部アップ。
一部ディテールは塗装にて再現。関節の間にもディテールが造形されている等、細かいアレンジが施されています。腰部分のゲート跡の処理が残念な様子。


IMG_3149
IMG_3150
IMG_3151
 腕部アップ。
こちらもオリジナルのディテールが造形されています。サイコガンダムは基本的な材質はABSとなっていますが、手首部分のみ軟性で構成されています。 


IMG_3152
IMG_3153
 下半身アップ。
メインの色はほぼすべて成型色にて色分けを再現。


IMG_3155
可動範囲。
首周りはボールジョイント一本で構成されています。あまり可動範囲は広いとは言えず、周りのパーツにも干渉しがちです。


IMG_3156
 腕部可動範囲。
肩周りはアーマーも可動してくれるので広い範囲に可動してくれますが、肘部分はデザインの都合上90度以上は可動出来ません。手首もボールジョイントで可動出来ますがわずかに角度を取らせることが出来る程度の可動範囲です。


IMG_3157
IMG_3158
 腰可動範囲。
ボディ部分の可動は腰部分のロール軸のみ。それもバックパックのバインダーに干渉して大きく動かすことが出来ません。バインダーは可動するので、バインダーを少し浮かせた状態にする事でボディを左右に動かす事が可能になります。


IMG_3159
IMG_3161
 下半身可動範囲。
一昔のガンプラ並の可動範囲ではありますがある程度は確保。引き出し構造等も内蔵されていないので、足首の可動範囲もあまり広くないです。


IMG_3162
IMG_3163
同シリーズの機体と大きさ比較。
原作での体格差を忠実に再現。markⅡとの全長差が18mと40mのそれと大きく違いますが、まあ本編でもこんな感じの全長差なので問題ないです。にしても改めて見るとやはりネオジオングはデカイ・・・。


IMG_3164
IMG_3169
IMG_3168
IMG_3170
IMG_3171
 原作通りの力強いアクションを再現出来ます。交換用手首として開き手、掴みがかり手の二種が付属。


IMG_3172
IMG_3173
IMG_3175
 付属品として専用の大型シールドが付属。
シールドは専用のジョイントを利用して前腕部に装着させます。ジョイントは二本付属しており、左右どちらの腕部にも装着できます。


IMG_3177
 そしてサイコガンダムの大きな特徴も完全再現。


IMG_3180 
IMG_3182
組み換えによってフォートレス形態への変形が可能です。
フォートレスへの変形は一部ジョイントパーツの使用や角を可動タイプへ交換する必要はあるもののほぼ余剰パーツなしで変形が可能です。サイコガンダムの立体物での変形時に余りがちな手首部分の処理の仕方には結構驚かされましたが、若干無理をしている感も否めません。


IMG_3183
IMG_3184
IMG_3185
 力強い「箱」のようなフォルムを上手く再現しています。股の部分にジョイント用の穴が用意されているので、魂STAGE等のスタンドを使用する事で飛行状態を再現することも可能です。


IMG_3186
IMG_3187
IMG_3188
 アサルトキングダムのオリジナルパーツとして、マウントパーツが付属。マウントパーツを利用する事で原作では不可能だった背部バックパックへシールドをマウントさせる事が可能となります。マウントパーツは可動するので、角度を調整する事も出来ます。


IMG_3190
IMG_3191
IMG_3192
 向きや角度への制限は少ないので様々な形で遊ぶ事が出来ます。写真の形態は組み換えで勝手に作った短時間の飛行を可能にした模造の形態です。腕部にもジョイント用の軸穴があるので、色々と遊べそうです。


IMG_3193
IMG_3195
 変形時以外で使用しない可動タイプの角やジョイントパーツ、マウントパーツはシールドやボディ内部に収納可能。地味に便利です。


IMG_3196
IMG_3197
IMG_3199
 同シリーズのmarkⅡやZを使用して原作再現。キリマンジャロの嵐なんか再現してみたいのですがバイアランは残念ながら未商品化。通常のバイアランなんかも立体化に恵まれない機体なんですよね・・・。カスタムの流用でHGUCで立体化するかと思いきや出なかったし。


IMG_3201
 以上です。
アサキン大型アイテム第二弾となったサイコガンダム。可動をウリとしているとの事でしたが正直なトコロ期待はずれ。材質のおかげで気軽に遊ぶ事は出来るものの変形の都合により中途半端な可動範囲となっているのが残念でした。関節の保持力は全体的に固めに作られており、ガシガシ遊べるサイコガンダムの立体物としては申し分のない出来に仕上がっていたので、勿体無く思いました。次回のアサキン大型アイテムはクイン・マンサ。旧ネオジオン最大最強の大型MSが満を期してアサキンに登場です。